服装ひとつで大きく変わるワキ臭防止や予防のための服装

暑いわけでもないのにワキガ臭で困っている人のイラスト

「今日なんか特別ニオイがキツイわ・・・なんでこんなすぐ?」

これ、わきがの人なら確実に経験あるのではないでしょうか。

いつもと同じデオドラント塗ってしっかりケアしてきたつもりなのに、午前中からすぐに臭い始める時ってありませんか?あれすごく困ります。


長年わきがと戦ってきた管理人は断言して言えますが、服装によってニオイの発生率は確実に変わります。

ニオイが出やすい服装って、例えば、体にかなりフィットしている服(脇の下が特にピタッとしている)や素材がポリエステルなど汗を吸わない系の服。

冬で余程汗をかかないだろうな、って時は極力こういった服装は着ないように心がけています。

あと、Yシャツ着るときは必ずアンダーシャツを着るのもかなり大事。素肌にYシャツだと確実にアウトになりますね。ノースリーブやタンクトップなども完全にニオイが強くなります。

シャツに汗が付かなくてワキガには逆にいいはずなのにっていつも思うんですが、脇の下の素肌同士がくっついていたりすることで臭いが拡散せずに篭ってしまっているんですよね。


原因は通気性と吸収性、速乾性

気になっていろいろ調べてみたのですが、やはりポイントは
  1. 吸収性
  2. 通気性
  3. 速乾性
この3つが関わっているようです。

汗を吸いにくい素材もさることながら、できるだけ通気性の良い服装や乾きやすいものがいいってことですね。

アンダーシャツなら、ユニクロのインナーTシャツとかが安くてオススメ。

あとはこんなワキガ防止専用の消臭シャツもあったりします。


【わきが専用】超消臭シャツ


ちょっとこのシャツ高いのが最大の難点なんですが、返金保証制度付きの自信商品みたいなので私も試しに1枚買ってみました。

確かに臭いはかなり軽減されてますね!何なんでしょう、現代科学は進んでいるようです。

何枚も買えないので、とりあえず1枚買って「ここは!」という絶対にワキガを防止させないとダメないざという時の日のために使うにはおすすめです。

インナーシャツ1枚でこれだけ臭いが変わるのなら逆に安い買い物でした。


オシャレも気にしつつインナー以外だとなかなか見つけづらいのですが、ポリエステルなどの汗を吸いにくいシャツは避けて、できるだけ柔らかい素材で通気性のいいものを選ぶのが良いですね。

冬などは汗ワキパットをしておくのもおすすめ。

これだけで臭い発生率はかなり変わってきますのでぜひ試してみてください。


ワキガ臭防止のためには着替えも大切

自分の脇の下の臭いを嗅ぐ人の写真


上記のポイントを注意していても、どうしてもニオイが出てしまう時があります。

そんな時は着替えをしちゃうのがオススメ。

インナーなら替えを持参しておけばいいですし、夏場も「ちょっと汗が酷かったので」と休憩時間に着替えちゃえばOK。

その際に、汗ふきシートでワキを拭き取り、デオドラントを塗ったり香水を付けたりすれば、また長時間効果を持続できます。

要するに、ワキにかいた汗が発散されずにそのまま脇の下やワキ毛に付着し続けた結果、細菌が繁殖して臭いの原因となっているので、できるだけ服装には気を配っておきたいものです。


面倒だけど臭いが出るよりは全然マシ!

わきがの人って服装にまで気を配らないといけないので、本当に面倒で悩みの種になりますよね。管理人もこれには相当悩まされました。

今は切開なしのわきが手術「電気凝固法」を受けたことで好きなものを着られるようになりましたが、ほんと着るものだけは自分で予防しなければなりません。

ちょっと脇の下から臭いが出始めたとたん、その日一日中憂鬱な気持ちになるし、特に緊張しがちな大切な日などは臭いだしたらもう台無し。

シャツ1枚来ているだけでも十分に臭い防止や予防効果があるのは間違いありません。胸をはだけるような服装のときにはシャツを着れませんが、その場合は常に脇の下をチェックしつつ、デオドラントや拭き取り用のウェットティッシュを持参して消臭と予防に気を配ることが大切。

できるだけ肌への密着度の高くない通気性の良い天然素材の肌着を付けて、自衛手段を心がけてみてくださいね。

残念ながらシャツだけでワキガをシャットアウトするのは無理
もちろん、インナーシャツを着ただけでは完全にワキガ臭防止にはならないので、デオドラントはいつも通りしっかり塗っておくのは必須。

ほら、デオドラントって塗っても夕方とかには臭ってる場合が多いじゃないですか。あれを防ぐにはシャツが有効ってことです。

できるだけ持続力が高くて肌に優しい無添加デオドラントとしてはクリアネオが断然おすすめです。

クリアネオ公式HP